ブログ
気ままにDiary








今急速に高齢化社会が進んでいます。障がい者もこうれいしゃも人々は誰でも差別なく住み慣れた地域の中で、いきいきと共に暮らしていける社会にするためには、障がい者にやさしい車いすでも安心して外出できるように、バリアフリーの環境整備が不可欠です。車いすの視点から障がい 者や高齢者の人たたちがトイレの心配なく,家族や友人と食事や買物に行けたら、どんなに楽しいことでしょう。私たちの住む地域周辺の車いすでも利用できる、スロープやバリアフリートイレ設備の ある飲食店やショッピングセンター公共施設などの案内するサイトです。お役に立てたら幸いです。  


お願い・よびかけ

障がい者用トイレであっても全ての利用者が使いやすいトイレは存在しません。
しかい最低限のポイントを押さえて作られていたら多くの人が利用しやすいトイレになります。
こおパンフレットは自立の車いす障がい者の目線にたち、手すり、ペーパーホルダー、ボタン類の位置などに着目して、トイレ設置の最低限のチェックポイントを掲載しました。
このパンフレットがトイレ作りに関わる皆様に活用して頂ければ幸いです。



地県央域リハビリテーション広域支援センター
県央保健所(地域保健課)と一緒に作成しました。




 バリアフリートイレ最新情報


  諫早市有喜町国道251号線沿いにある、福祉村では障がい者や高齢者の方にドライブ途中のトイレを開放しています。お気軽にご利用ください。




Copyrit (C) 2014 Ushiroda.AllRights Reserved